QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

北垣先生の歓迎会

5日
4:00、なぜか起床。もう眠れません。仕方ないので、昨日送った斎藤一の原稿に添付する写真類を送付。けっこうな量になります。

8:00、これらを添付メールで出版社に送付。取り急ぎひと安心。次に講演で使用すつレジュメ作り。まずは年表からと、これがヒト苦労。あるサイトを利用しましたが、これの取捨選択に悩みます。今回の講演で必要な用にカスタマイズするのですが、まぁ、考えてみれば第1回目の講演で約60年分の話をまとめますので悩みどころです。

11:50、なんとか終了。疲れました(汗)

12:00、身体のために就寝。

16:00、起床。身体が言うことをなかなか効きませんが根性で支度。

17:20、谷中霊園に到着。Mapがあるので迷いません。しかしもう暗闇。超小型のサーチライトを持参しましたが、旧型のため、そんなに恩恵はなし。でも、不思議だったのが、街頭があるため真っ暗闇ではないにしても、夜に徘徊するオジサンたちって何?何人か見かけました。犬の散歩にしては不自然に見えます。ただ、あまり関わりにならない方がよさそうです(爆)

17:30、暗闇のなか、小松済治の墓所を確認。ライトで照らすと「山本川崎二子」の文字を確認。このまま日暮里駅に降りて京浜東北線に乗車。

17:50、有楽町交通会館にある豊岡市アンテナショップで川崎さんたちと合流。一路、「よってがんしょ」にて北垣宗治先生の歓迎会を行いました。

 それにしても、川崎家秘蔵写真のオンパレードには驚きました。川崎渉さん(川崎尚之助の兄の孫)から写真が残っており、渉さんのお顔がやはり武士系な感じでした。北垣先生からも質問を受け、あくまでも史料のないものは空想の範囲ですが、川崎尚之助が斗南行のメンバーになる必要性はお話いたしました。

P1190482 (800x600)
20:30、みんなで記念撮影ののち、解散。

21:30、帰宅。

0:30、就寝。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

谷中霊園! 

毎日を充実してお過ごしのようで頼もしいです。(^◇^)
お体、くれぐれもご自愛くださいませ。
さて、谷中霊園、私も史跡巡りで廻ったことがありますが、
昼間でも広過ぎてちよっとあれなのに、「夜に徘徊するオジサン」ですか。
それは怪し過ぎます。家にいられず霊園で憂さ晴らしをしているのでしょうか。
出会った人がびっくりしますよね。
  • みに丸 
  • URL 
  • at 2013.01.12 13:14 
  • [編集]

鵺の鳴く夜は… 

みに丸さま、コメントありがとうございます。
 片手に懐中電灯を持ちながら徘徊するおじさま…私には理解不能です。少なくとも私と目的は一致してないと思います(汗)
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2013.01.13 13:25 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。