QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

近藤清って誰?

6日
0:00、第1章完成。少し休憩。

2:00、買い物。歯にやさしいパン。

3:00、ブログ記事を執筆。

5:00、執筆再開。大久保大和隊が流山に来た件。永岡儀兵衛については内容が濃くなっているので修正。で、これがまた大変!!いやはや執筆スピードが鈍行過ぎます(汗)

7:55、中断。

8:00、「純と愛」鑑賞。そういえば私も窓際+晒し者部署に飛ばされた経験があるから解るな。上司の責任連座でしたので同情はしていただけましたが……。ちなみにそのときの上司は本編にあったような部屋に本当に異動になってましたが。

9:00、歯医者探し。なんと木曜日のみ午後から!勘弁して欲しいわ。近所の歯医者の休みが木曜日に集中するのはいかがなものか。これ以上探したくないので帰りに寄る病院で薬を貰って帰宅。

10:00、疲労困憊のため、就寝。

20:30、起床。

21:00、「ドクターX」鑑賞。なんか気持ちがわかり過ぎます。脚本と役者の妙ですね。特に岸部一徳が良い味を出しています。

22:00、ブログ記事を執筆。

 それと気になったことがひとつ。コチラのブログに触発され、2日に小島資料館へ参りましたので小島政孝さんに近藤勇の孫?石阪清のことを聞きました。すると小島さんは元の資料に記載があったから掲載したとの由。

 なぜ疑問に思うかというと、この清という人物は近藤勇五郎の除籍謄本に記載がないからです。極論すれば近藤久太郎が認知すれば一度は近藤家の戸籍に登載されます。つまり母親の私生子扱いということになります。しかし、認知していないので、下手をすれば言ったもの勝ち、という可能性も否めません。母親が「この子は近藤久太郎の子」と言ったところでそれを確認しようにも本人は客死しています。確認しようがありません。個人的にはまずその清の生年月日が知りたいところです。ちなみに調布市は存じていないデータです。

 それと、これは調布市の悩みどころなのですが、近藤勇の生家、あるいは近藤家は現在の野水に家があるのですが、殆ど飛び地に近い場所にあり、現在の調布市の住民とは疎遠の場所にありました。なので史料が出てくるのは圧倒的に三鷹市に集中してません。しかし、それを調布市が調べるには三鷹市へ調査することになり、行政の壁で難しいようです。

 yahoo知恵袋等でささやかれる「近藤勇書簡集」ですが、個人的には「近藤家史料集」も欲しい昨今です。難しそうですが。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ










スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

 

あさくらさん、こんばんは。 関係がよくわからない人って多いですよね... 沖田と宮原久五郎も血縁関係があるそうですがよくわからないそうで。 解明を期待しています。
  • みに丸 
  • URL 
  • at 2013.11.02 22:00 
  • [編集]

調べようがない話 

みに丸さま、コメントありがとうございます。
 江戸時代になると、宗門人別等がないと判断は難しいかと思います。実際、沖田総司の母親は不明です。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2013.11.05 06:37 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。