QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

沖田総司関連者ツアー


(写真)山田屋権兵衛の子孫宅に残るシンボルマーク
 昨日は沖田総司終焉の地ツアーが市谷柳町試衛館主催の企画に呼ばれ、案内人を務めました。

 その前日から実は前夜祭が開催され、試衛館メンバーは前日のオールナイトからの参加で寝不足情態でした。当然私も一睡もしておりません。
 前夜祭では、面白い場面も続出(笑)。傑作は「大久保大和拷問の図」でした。
と、脇道に逸れましたので本題。
千駄ヶ谷に皆様15:00に集合しました。このブログでもお世話になっておりますjulesさま、ままこっちさまや、前回も史跡めぐりにご参加いただいたもまさまもご参加いただきました。雨天のなか、ほんとうにありがとうございます。
 本日のコースは1、終焉の地(3種)~2、山田屋墓所~3、市谷八幡(市谷甲良屋敷&柳町の氏神)~(休憩)~4、植木屋平五郎墓所&碑~試衛館跡近辺。
 こんな感じでした。
 とにかく雨がひっきりなしに降っており、荷物は重いは、風邪引きそうだったので、外見のなりふり構わずと、合羽を着ての移動だったものですから体はサウナ状態になるは、そこに寝不足のトリプルパンチでは、はっきりいって、
 途中、記憶が飛んでます!ごめんなさい!
 ただ、ひとつだけ覚えています。参加者のなかから聞いたのですが、偶然、その方は本業とはまったく関係ないところで偶然、PHPの編集者とお会いすることがあったそうです。
 自然に幕末の話となったら私の名前が出て
「あんな人物とお付き合いしない方が良いですよ」
と、いうようなことを言われたそうです。一般ピープルにそこまで言うのかPHP!
 まぁ、会社の看板背負った人間が言った言葉ですので、それはそれとして大切に受け止めときましょう(怒)!
 でも、こんな雨天のなか、足もぬかるむところもあったにも拘らず、参加いただきました十数名の方にはほんとうに感謝しきれません。ありがとうございました。
 ここからは途中、お帰りになった方にその後の状況を。
 今回は目玉でもあった「試衛館稲荷」の門内に入りました。沖田総司も踏んだであろう、石垣を踏むことができたのは貴重だと思います。
 本日は某団体主催で、年一回、有料で沖田総司の墓が参拝できる日だったせいか、お賽銭がまんべんなく撒かれており、たぶん集めたら凄い金額(といっても数千円程度)になるのではないか、というくらいに達しておりました。
 最後に碑の前で写真撮影を行い、ツアーは解散いたしました。
 その後、主催者との打ち上げを約1時間ほど行い、都電で帰宅しましたら、そのまま爆睡いたしました。当然、サッカーなど見てはおりません(汗)
 まとめに、
 皆様、豪雨もまざる悪天候にもめげず、私のつたないお話に拝聴をいただき、ほんとうにありがとうございました。
ちなみに平五郎碑文を読める範囲で活字化しました。
祖父平五郎ハ天保五年十一月廿三日武蔵国
豊多摩郡渋谷村農柴田□衛門三男ニ生ル
九才ヨリ目黒ノ庭造某ノ許ニ人ト成リ十九
才ノ時転シテ新宿大宗寺横丁庭師水野弥
吉ノ門ニ入ル其篤実ナル言行ト稜々タル
覇気ハ大ニ(師)ノ信用ヲ購ヒ二十九才ニシ
テ某女ノ凛代ト婚シ文久元年長女トウヲ
挙チ翌二年居ヲ四谷区大番町ニ転シ困苦勉
励家運ヲ興シ永井信濃守松平能登守其他
諸候邸ニ出入シ家運旭ノ昇ル如シ慶応元
年ニ女芳ヲ生ム越シテ明治元年長子松五郎
得シカ明治維新ノ大乱ニ際シ諸侯ノ扶持ヲ
離ル加フルニ明治三年五月妻ノ亡ヒ次ニ翌
四年四月松五郎没ス等ノ厄相立ナリ衆過□
哀カ仝年三十六不撓ノ気不屈ノ性ハ跡ノ□
挫ニ惑ハス再ヒ妻ヲ迎ハス爾来十二年□
星ヲ仰イテ去り夕ニ月ノ傾イテ帰リ千辛
万苦ニ人ノ孤ヲ成育シ明治十五年長女ヲ嫁
カシノ越シテ十八年女婿ヲ迎シ爾来斯ク
家運ノ復興ヲ見枝葉年ノ次ヲ栄シ安ラク
老ヲ楽ムノ境ト成ル明治四十一年秋九月病
ヲ得以来四ヵ年褥ニ在リ仝四十五年風薫ル
七月十日眠ルカ如ク逝ク享年七十七法号ヲ
誓誉来願信士 孫  梅吉 文
          仝   惣吉 書
         仝 豊太郎 刻納
明治壬子八月十六日
□は判読不能

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ










スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード