QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

ひので屋VS文明堂

17日
12:00起床。頭痛。ダルい。この時点ではどれが原因かは不明。痛み止めで誤魔化す。

15:00、出かけるかどうか迷うも、雨のために断念。

16:00、用事もあるので家を出る。足立区立中央図書館へ。毎日新聞を閲覧。

17:30、病院へ。薬をいただく。

18:30、台東区立中央図書館で郵便報知新聞を閲覧。

20:00、タイムアウトのために辞去。鴨肉のブロックを購入後、帰宅。しっかり雨に濡れました。

3:00、体調不良で苦しむ。複合症らしく、いくつかの薬で対処。

18日
11:00、頭痛で起きる。痛み止めを飲むも効かず。風邪薬も併用する。

13:00、風邪薬が効いたので矢立茶屋へ。きょうはちょっとしたイベントです。

 事の発端は12日に訪れた龍馬でのこと。

 お土産にお持ちした「佐那カステラ」を店で小分けする前に訪れた6名のお客。

 小分けしたカステラが皆に配られてサラリーマンさまたちもご賞味。そのときは何もその方たちの素性は知らず。

 そこで店主であり京都龍馬会理事長の赤尾さんに私を紹介される。そこで名刺交換して、企業名が文明堂と知る。

 配られた佐那カステラが好評だったこともあり、ホンの少しライバル心を燃やしたようで(というか、個人商店と大企業では較べることもないのだけど…)、けっこうこのカステラの原料分析やら費用対効果やら、からり化学的な話に進み、なおかつ私自身も文明堂の取引先である中沢乳業も存じていることもあり、話は面白い展開に。

「ウチのカステラの方が美味いから、ぜひとも較べていただきたい」

という話に発展し、一応私がタイムアウトなので辞去。

 これだけでも面白い話でしたが…。

 先日、宅配便が届きました。宛先は文明堂!酒の席でしたから冗談で終ると思ったのですが、嬉しい悲鳴です。これを私だけで賞味するのは惜しいので、矢立茶屋へ連絡し、この日、ひので屋のご主人を呼んで食事会となりました。

14:00、ひので屋の主人が重役出勤。せっかくなのでムービー撮影。いやぁ、桐箱に圧倒されて、出てきたのが最高級のカステラ!しっとりとしていて、しかし、手がベタ付かず、卵も厳選されているから黄味が強く、手焼き(職人の名前入り)なので、焼色もムラはありません。本当に美味しくいただきました。ありがとうございます。

 後日矢立茶屋にムービーを録画したCDをお渡しする予定です。

15:30、同店を辞去。帰宅してから支度をしてお出かけ。

101118梁山泊

17:30、日比谷公会堂のB1Fでサムライたちの中に紛れ込む。東京新聞のUさんの紹介で招かれました。ちょっとした会合で、主催は今年執筆した「日本主義」の編集長さんです。これが濃い濃い!!!ちょっとした知識なんか語ろうものなら論破×10くらいの勢いで返ってくるくらいの猛者たちの集まりです。

 でも話が面白い。うわべの話ではなく、実際に関与した実話が多い。そしてみなさん修羅場をくぐってることもあり、いやはや2回りも年齢が下の私が紛れ込むだけでも大変なのに、ごたいそうに紹介までしていただきました。このとき、話は龍馬暗殺の話になり、自論を話す。といっても単純明快な話なのですが、ここでサムライたちが各説を持ち出す。というか、私を飛び越え、各自が各論で飛び出してくる。そこに私の薄い知識の領域に入るが、それは申し訳ないですがスルー。ただ、紀州郷士の件は由良守応で知識があったので、これは少し語りました。

 こんな形で自然解散となり、有志は業界特有のマージャン大会。さすがにコレに加わると帰宅は叶いませんので、病身としては座して語るのみ。面白かったのは小島資料館の館長の親戚もメンバーでした。

 そうそうしているうちに時間は23:20!御礼かたがた辞去しました。

1:00、やはり病身ということもあって早々に就寝。


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ









スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

桐の箱 

文明堂さんの仕事に対するプライドを感じられて、こういうお話も好きです♪
いつか桐の箱のカステラを食べてみたいものです☆
  • 稲葉式部 
  • URL 
  • at 2010.11.24 10:31 
  • [編集]

そうですね 

稲葉式部さま、コメントありがとうございます。

この桐箱にヤラレました(笑)

桐箱だけ残ったので、このなかに正論丸を入れましょうか(笑)
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.11.24 11:35 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード