QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

調査やら御礼やら…

11日
11:00起床。きょうはいささか身体も快復しています。

 少しダラダラして、きょうの目的地と取得資料の検討をします。

14:40、出発して台東区立中央図書館へ行きます。ここには昭和44年現在の足立区の住宅地図が開架で置かれています。山田屋権兵衛の資料とともにコピーして辞去。

15:30、矢立茶屋へ。昨日渡せなかった資料をお渡しし、かつ北総新選組のお土産を購入。来客者と少しお話し、16:30に辞去。

16:45、千代田線で馬橋へ。ここから流鉄(近年名前が変わったそうです)に乗車し、17:30には流山駅に到着。付近は10月ということもあって暗くなっています。

 このまま北総新選組の屯所へ向かいます。途中新選組陣屋跡には暗闇の一歩手前にも関わらず、2組の観光客が群れています。で、屯所が留守だったので再度覗きますと、携帯電話のライトをダブルで当てながら石碑を撮影している方を発見。しばらくしてメンバーが帰宅したときも今度は車のライトを当てながら撮影してた方がいたとか……。なんでこんな人気なのかは解りませんが薄闇のなかのごった返した観光客の群れを見たのは初めてかもしれません。

 その後、北総新選組の方々へ「千葉さな講演会」のチラシ配布への感謝と雑談に華が咲きました。ザビエルえいじの話題やテロリストの果敢な攻撃、厚顔無恥という言葉への限界について、究極な事例等、話は盛り上がり、やはり帰りは22:30に。でも、まだ居残っている方もいたので凄いものです。

 そういえば、今回、Y氏より薄毛になる心配について相談を受けました。禿の方には大変申し訳ありませんが、世の中には「普通のハゲ」と「邪悪なハゲ」の2種類があります。基本的にハゲは遺伝によるものが多いのですが、なかには不摂生でハゲる方も増えています。

 あと、邪悪なハゲですが、根拠があるそうです。頭頂部に小さなハゲができた場合、邪悪な方ですと、相手を陥れ、自分をスーパースターにしたいがために物語を構築することがあるそうです。そのため、自分を美化するために誤魔化すあせりから脂汗がその無毛のスポットに溜まり、放置すると無毛の部分から有毛の部位に脂汗が流れ込み、毛穴に侵食し、毛穴を塞ぎ、ついには毛根を死滅させてハゲの範囲が拡がるそうです。カツラメーカーの方から聞いたことですが、そう思いましたので、そのお話をいたしました。遺伝を除き、ある程度のケアで脱毛の範囲は防げるそうですので、どうかご参考ください。


 こんな感じで前回とは違いスムースに乗車、運行され、0:00に帰宅の途につきました。


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

ありがとうございました♪ 

先日はわざわざお越しいただいた上に、また美味しいお菓子までいただき、どうもありがとうございました♪

あの日は更なる事実が明らかになったり、歌が飛び出したりと楽しかったです!!

講演会の宣伝も、ちょっと違う感じで告知してみました!
たくさんの方に足を運んでいただけたら私たちも嬉しいです♪
  • 北総新選組☆稲葉 
  • URL 
  • at 2010.10.18 11:22 
  • [編集]

どうも 

稲葉さま、コメントありがとうございます。
先週はお世話になりました。私よりもまだ遅くまでいらした方があったので凄いなぁ、と思いました。

輝いた未来が~、○○○○と教えて~♪
いま○○出して行くんだ~♪

「ゲゲゲの女房」が終って寂しいですね。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.10.18 16:57 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。