QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

千葉さな直筆発見が新聞記事になりました!

初めて見つかった!竜馬の“婚約者”千葉さなの直筆文書(スポーツニッポン)

千葉さなの直筆文書を発見 都公文書館から(共同通信47ニュース)

 おかげさまで千葉さな直筆文書が新聞記事となりました。ここでわかったのは、

①明治20年1月現在、千葉さなは千住1-1(現1-4)に住んでいた。
②建物は自分のものだった。
③千葉さな本人は「佐奈」の変体かなの記述であり、幕末期、父定吉が用いていた「佐那」の標記ではない。
④千葉さなが立ち退いた経緯から考えると、毎日新聞「千葉の名灸」にある明治15年春に灸治院を開業した可能性が高い。

 このあたりでしょうか?

 ですので、
明治15年春ころ → さな、千住1-1(現1-4)へ灸治院開業。
明治20年3月25日→ さな、立退きのため、千住中組70番地(現仲町12)へ移転。
明治21年7月31日→ さな、千住中組993番地(現仲町1-1)に灸治院を新築。

 この順序によります(除籍謄本を参照)

 面白いのは、千住1-1にあった建物とほぼ同等の建物を993番地へ新築しています。このあたりにさなの性格がでているような気がします(993番地の建物謄本によると、建坪21.9、2階3坪)。
千葉灸治院


 千住の地は一時維新の際、宿駅の格の関係でやや没落しましたが、馬車鉄道等の開業により遊郭も賑やかでした。そうした背景が千葉さなにこの場所へ住まわせたものではないかと思います。

 ちなみに千葉さなが住んだ千住1-1は千住宿の入口になります。
足立郡役所跡01南足立郡役所跡02


よろしければクリックご御力お願いします
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ










スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

千葉さな直筆発見 

すごいですね。
さすがあさくらさんです。

先日、綾瀬の「うな万」に夜、鰻を食べに行って、あさくらさんから貰ったというコピーを、増田さんから見せていただきました。
  • 森重和雄 
  • URL 
  • at 2010.08.23 10:02 
  • [編集]

ありがとうございます 

森重和雄さま、コメントありがとうございます。

当初は単なる発見で終ると思ったことがこんな大事になるとは想像していませんでした。

去年とは違う、親近感のある実像の千葉さなさんが理解できたような気がしています。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.08.23 11:07 
  • [編集]

遅くなりました! 

千葉さなの記事、遅ればせながら拝見いたしました!!
この記事を読んで、もっと隠れた文章などが今後も発見されるのではないかと、ワクワクしました♪
あさくらさんのこれからの活動にますます期待してしまいます!

千葉さな講演会の記事も訂正しておきましたので、また詳しい時間などが分かりましたら、ご連絡下さいませ!!
  • 稲葉式部 
  • URL 
  • at 2010.08.25 18:39 
  • [編集]

ありがとうございます 

稲葉式部さま、コメントありがとうございます。

発見は簡単ではないですが、運が重なっているようです。これも天国のさなさんが後押しをしていただいているような気がします。

講演会の件、失礼いたしました。マル投げなもので、固まるまでもう少しお待ちくださいませ。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.08.27 08:44 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

千葉さなの直筆文書、ソースを求めて・・・

2010/08/22 15:28 共同通信の配信で全国に流れた千葉さなの直筆文書

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード