QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

岐阜新聞に掲載される

17日
 前夜からの続きです。

 国会図書館デジタルライブラリーの閲覧を続け、ようやく千住の小田切家の記録を見つけました。足立史談510号に書いた根本金太郎の息子のひとりです。子孫に繋がれば嬉しいのですが、可能性に期待します。

 このように千葉さなの縁戚が千住の徒歩圏内にいたことも驚きでしたが、消え去った記録を砂場から砂を見つける気持ちで探せば見つけられるのです。

10:30起床。大垣に知人から岐阜新聞の掲載を知ります。この記事は先月25日に使用されたものでしたが、岐阜新聞がタイムラグで使用していただいたようです。嬉しいことです。昨日の茨城新聞記事の効果もあったのかもしれません。

 9月に念願の「お梅」の碑が建ちます。地元の新選組行事に関わっている有志の中には否定的な方もいたようですが、理解していただいている方の方が耳に入っています。ともかく、私は信じる道を行くだけと思うのみですので、なんとか建立までは尽力したいと思います。

12:20、近所のファミレスで新聞社の方と会う。先日の「千葉さな」の記事等をいただきました。今回は破竹の勢いとなりました。もしかしたら他のことでもう1回新記事が出るかもしれません。

15:00帰宅。本当なら図書館に行きたいところですが、実は明日は大腸検査があり、食事制限が始まっています。そのため、大事を取って家にいました。

 夜になって体調も落ち着いてきたので各所へ手紙やらを。これもけっこう手間がかかりました。

20:30、やはり岐阜の知人より電話。新聞のことでした。御礼を申し、短く電話を切りました。

 そして、22:00より下剤投与。これが不味いんです。でも、不味いという印象が前回強すぎたものですから、今回は前回よりは嫌な思いはしておりません。ただ、前回は病気進行中の状態でしたからお腹のものの出がよかったようですが、どうも今回は悪いです。これが少し悩みの種です。

 明日は検査がうまくゆくことを祈ります。



よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード