QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

八柱霊園を詣でる

11日
 お昼に起床。じんましん。ちょっと調子がわるいけど、首の痛みがこの日を境に消えました。

 どうも、夢で千葉さなに灸治治療を受けたのですが、なんか不思議な気分です。

 それから逓信博物館へ。ここで過去の電話帳を閲覧します。東京なら明治期後半から電話帳が存在します。小田切家ですが、1軒だけ可能性がでました。ちなみに千葉お灸治院は戦後より掲載されておりました。

 この後、足立区の図書館で住宅地図を見ました。小田切家を調査すると、どうやら現在の子孫が居住していることが判明。

 毎日新聞は明治19年と明治23年の一部を閲覧。これはたいした記事はなし。

 こんな感じで。
12日
 お昼に起床。

 今回は昨日の夢が気になりましたので、思い切って八柱霊園へ赴来ました。

 多磨霊園のように、バス停が霊園内部まで入りませんが、徒歩5分くらいで霊園管理事務所へ。場所を教えていただいて谷中霊園の無縁塚へ。
100812八柱霊園谷中霊園無縁塚

 もちろん、ここには染井、亀戸、瑞江等の無縁塚が存在し、そのうちのひとつがこの谷中霊園です。いちおうプレートはありますが、あくまでも無縁になったことをお知らせするプレートであって、無縁になったことを知った人物しかお参りができないお墓です。さすがに無縁なもので、少々荒れてました(それでもほかの無縁塚よりはマシでしたが)。

 雨が降る中、焼香して、清運寺のキーホルダーを置いて帰りました。

 帰りには病院へ寄った後、足立区の図書館で昨日の続きを見て、もちろん全部は見切れずに終了。

 あとはじんましんで苦しみ就寝しました。


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード