QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

近所の事件を感じながら図書館へ

1日
 午後より足立区立中央図書館へ。

 その前にこの図書館から徒歩3分で行ける例の幻の111歳、K宅をつい野次馬で訪れてみました。
20100801K宅
左側の鬱蒼とした住宅がK宅

 もうマスコミも10名ほどに減っており、日除けできる場所もないことから、撤退傾向なのでしょうね。

 でも、はっきり言ってこの家だけ変なオーラがあります。だって、ほかの家にないプチジャングルみたいなところがあるのです。

 マスコミ発表によると、Kさんはもともと岐阜県出身だったようで、大正中期ころに実家を出て、以降、実家にはお帰りになってはいないようです。

 「追補・旧日光道中千住宿家並変遷図」(足立区教育委員会発行)によるとKさんはどうやら大正震災以降(いわゆる戦前期)に同地へお住みになっているようです。名称のとおり、この道路は旧日光街道で、現在でこそ、土手で分断され、住宅地のように見えますが、旧くは繁華街の終点のような場所で、この向かいには接骨院の草分け、名倉医院があります。ですので分断されるまでは人の往来が多かった場所でもあります。さすがに現在は街道としての使命(特に図書館脇の道路と交差する場所から土手まで)は終っているので、住宅地の一角に見えます。


 ちなみに私、昔、ミイラは発見したことがあるのです。なので疑問だったのですが、匂いはどうやって我慢してたのでしょうか?けっこう匂いって染み込むので抜けないのです。30年経ってるとはいえ、まだ、匂いはありそうな気がします。本当に横溝正史の世界を彷彿とさせる事件です。この事件が判明したのが足立区ということでも納得する部分があります。個人情報にうるさい区ですから、なおさらこういうことが隠蔽される温床を持っていたのでしょう。

 ま、俗的な話はともかく、明治25~26年の毎日新聞を閲覧。15:40より閲覧開始して、20:00まで1.5年も見れませんでした(汗)けっこう濃厚です。都新聞と違い、政治色の強い新聞であるとともに、歴史分野も積極的に掲載しています。特に旧幕側の記録は垂涎物です。このうちいくつかはフリーズしているような気がしています。たぶん原蔵者は分割して売却されたと思われますので、そういった意味でも貴重かと思います。

 でも、きょうはコピーが混んでました(汗)コピー終了が立て込んでいたので20:01に終了したのですが、怒涛のように罵詈雑言言われました。そこまで言われる筋合いはないのでムカッときます。どうも今年度からおかしくなっています。

 それよりも閉架史料が出るまでに20分かかるのをなんとかしていただきたいものです(怒)これも今年度からです。

 帰宅後は取ったものを整理&明日の官庁めぐりのための整理に追われました。

よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

門の張り紙の内容を教えて 

いく種かありますけど
  • 名無しの権兵衛 
  • URL 
  • at 2010.08.03 11:08 
  • [編集]

わかりません 

コメントありがとうございます。

残念ながら土手上から撮っておりますので内容はわかりません。画像を拡大したら3種類確認できました。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.08.03 12:05 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。