QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

夏バテ本領発揮

25日
 前夜にいただいたカレーライスでどうもムカツキが取れず、朝まで格闘。

 この最中、集中もできませんのでTBS「ロケみつ」を観る。バラエティではいま一番ハマッてるかも知れません。本来は毎日放送の製作なので、東京では2日遅れてOAしています。とりわけ昔の「電波少年」を彷彿とさせます。

 稲垣早紀の西日本ブログ旅なんかは少し電波少年なみの過酷スケジュールでしょうね。でも吉本芸人、使い方は心得ており、しっかり「中抜け」してるから身体が持つのでしょうね。でも、先に放送した釣企画なんかはクビになったらアノ芸人消える運命なのかも?

 で、寝れたのはいつなのか記憶にありません。気が付いたら寝てました。そしてトイレ以外はずっと就寝……。

 起きられたのは無理やりですが19:00!!なにも出来ません。それでも図書館には行かないといけないので足立区立中央図書館へ参りました。自分は偉いという高飛車職員がいることにはじめて教えられました。声援受けて「ありがとう」はないでしょ!!(怒…詳しくは控えます)一応最終的には謝ってくださいましたけど、間に入った強制的キューピー頭オジサンに会ったら睨みます。

 そんな感じで帰宅して、昨日贈呈いただきました「侍たちの警視庁」を拝読。東西を分けず、さまざまな人物を掲載しています。

 個人的感想は「よく頑張りました」というところです。コレってサラっと書いているようですが、何度も足を運んでお墓参りして撮影して、それを日本各地で行うってことは口では簡単ですが、身体を動かすのは大変な作業です。でも、現地へ行くからこそ感じ取れるものもある。それが大事なのです。そういったところが文章の端々に出ていて好感が持てました。

 ただ、もし第二段を目指すなら、東西を分けたほうがより色が出るような気がしました。よかったのは「ひと言コラム」ですね。なんか苦労が伝わる感じがします。

 このブログにも書いてますが、谷中等、都立霊園は管理料を払わない方は撤去対象となり、意外な人物が撤去されています。こうしたリストなんかも重要なのかも知れません。たぶん子孫も知らないうちに無縁として合葬されているなんて例はあるでしょうね。

 もうひとつの「幕末墓参り紀行・なでしこ編」なんかはガイドブックっぽく持つのが達人なのでしょうね。残念ながら甲府のお寺は拒否の告知がブログ掲載されておりましたので、甲府へ行っても駅からその方向へ拝むだけにするかもしれません。

 ちなみに両者とも、コチラの管理人さんからお求めになれるかと思います。

 こんな感じで夜も更けますが頭が回転しない………。


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード