QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

千葉さな~高知新聞よりカット分を

 今回の「千葉さな結婚歴記事」は意外な反響を呼びました。

 ただ、読んだ方は当然地元の新聞だったりする訳で、文面には当然カットされた部分も存在します。

 そこで、いま知る限り、全文掲載された高知新聞7月3日夕刊よりほとんどの紙面でカットされた部分を掲載します。


  坂本龍馬を慕って独身を貫いたことが痛切だった千葉さな。見つかった107年前の新聞記事からは、知られざる半生が、ありありと浮かびあがる。
 1903(明治36)年10月4日の記事によると、さなはなぎなたがうまく、特に白刃取りについては「前に敵なし」。分筆にも優れたとされ、記事は直筆の歌を掲載している。明治維新後、武芸で生計を立てることが難しく、1873(明治6)年、横浜に移って貸し長屋を建てて生活を始めた*。
 翌5日の記事は、元鳥取藩士の山口菊次郎と結婚した経緯を報道。結婚後、数年間は何事もなく過ごしたが、さなの幼なじみの女性おふくが、横浜に現れて波乱が起きたことを伝えている。
 6日の記事によると、心の中に龍馬がいたさなの目には菊次郎の品性の低さばかりが映ったが、努めて夫に尽くした。しかし、菊次郎は多情で、おふくに思いを寄せ、ある夜、おふくの家で一緒にいるところをさなが発見。さなは、そのまま家を飛び出してしまった。
 その後の記事は、1人になったさなが川崎の知人宅に滞在、千葉家に伝わるお灸で中風を回復させ評判となったことを伝えている。間もなく菊次郎と離縁、明治14年秋には横浜を離れたという。
 記事を見つけ、分析したあさくらゆうさんは「結婚歴があろうが、さなが龍馬を愛していた事実は変わらない。だからこそ、晩年は龍馬のいいなずけと自ら語り続けたのだろう」と話している。

 
 ちなみにこのブログがUPされるころにはたぶん和歌山で調査しているものと思われます。ですから、18日(日)の講演ではそのいくつかをお話したいと考えています。けっこうあの記事以外に発見は膨大でして、現在、日記井の存在を知る、晩年に交友のあった縁戚、根本金太郎のご子孫ともコンタクトを取り、2度ほど墓参させていただきました。

 一応、今回の件より以前からココ千葉さなの講演を行う予定です。まだ募集しているそうですので、私のつたないお話をお聞きしたいという奇特な方はご連絡お待ち申しております。なお、講演後、偶然ですが、「龍馬伝」に千葉さなが登場するそうで、リアル感があって楽しめそうです(主催者とお話して、講演会場でリアルに「龍馬伝」が見れそうです)


よろしければクリックご御力お願いします
にほんブログ村 歴史ブログ 偉人・歴史上の人物へ









スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

なるほど~!! 

私が見た記事もだいぶカットされていたようで、この記事を読んで納得しました!!
これならより一層、さなのことが分かりますね。

雨は大丈夫でしょうか?
和歌山でも収穫がありますように☆
ハードな旅のようですから、お体にお気を付けて・・・。
  • 稲葉式部 
  • URL 
  • at 2010.07.13 14:17 
  • [編集]

ありがとうございます 

稲葉さま、コメントありがとうございます。
和歌山は運よくたいしたことにはならず、良い場所でした。
ただ、モノレール→飛行機→船→南海電気鉄道→JR→バスと……。
疲れました(≧▼≦)
今日の滋賀も頑張ります♪
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.07.14 06:51 
  • [編集]

ご講演を楽しみにしております。 

初めてのコメントにて失礼いたします。
佐那に関します最近のご発表を、足立史談や矢立茶屋でのご本で知りまして、驚きながらも今後の追加の研究発表などを非常に楽しみにしております。
私も佐那の新たな一面が見えてきまして、より佐那が魅力的な人物に思えてきております。明日のご講演も拝聴させていただく申込みさせていただきましたので、楽しみにしております。
今後の益々のご活躍を、心よりご期待申し上げております。
  • 橋詰 
  • URL 
  • at 2010.07.17 23:33 
  • [編集]

ありがとうございます 

橋詰さま、コメントありがとうございます。

正直申しまして、千葉さな、および千葉家における発見があまりに多いのに驚いています。

どうか明日の講演はよろしくお願い申し上げます。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.07.18 02:14 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。