QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

TVや著作やイベントやら…

 昨日、夕方寝ていたところを叩き起こされた関係で運良くフジTVのバラエティ番組を観ることができました(汗)

 内容は坂本竜馬に関係する女性の話でしたが、おりょうさんの写真が晩年のもののみの使用でした。これは阿井景子さんが関係していると聞いていましたので番組スタッフも疑義写真を使わなかったのでしょう。私的にいえばよかったと思いました。何故か?、答えは簡単で、要は明治以後のおりょうさんの話で、晩年にさなのことを話しているシーンに挿入されたからです。晩年に話しているシーンに疑義写真を入れては時代が合わないという意味でそう思ったのです。

 それでもこれから「おりょう」さんの登場シーンを迎えますからこうしたバラエティ関係は増えるでしょうね。

 その阿井さんが「オール読物」におりょうさんの話を書いているので見ました。平坦な文章で構成されていますが、過去に「龍馬と八人の女性」(ちくま文庫版)を読んでいたので、内容的には類似しています。ただ、「龍馬と~」と違い実名記載となっていますので、阿井さんの論評が継続していることが解ります。


 で、明日は「滝野川新選組まつり」ですね。一瞬だけ覗きに行きます。主催者においては昨年、「岡山新選組ツアー」ちおブッキングした関係で不義理をしましたので、挨拶に伺って辞去しようと思います。たぶん時間がないのでパレードとイベントは見れない可能性があります。



 また、来月の沖田総司の「忌」と称したイベントが行われます。

 実は昨年と若干違う様相となりました。まず、今回の講演は作家さんの新選組話を書く上の苦労話だそうな。これが出版元の会社関係者が主催者であれば「出版戦略パーティー」となるのですが、今回主催者は出版社関係者ではありません。ですので今年はこの名称は当てはまりません。個人イベントで沖田総司を無視したイベントではなさそうですので今年に関しては苦言しません。

 ただ、有象無象が「沖田」のブランドを利権化しようとしていることは違いありませんので、私としては遠慮申し上げます。変な言い方ですが、塀越しだろうが、境内だろうが、御参りすることには違いなく、塀越しどころか遠い地にいたとしても専称寺の方に向いて御参りすれば地下の沖田総司にも伝わると思います。

 ちなみに私は港区の墓所でない場所へ命日近くに御参りへ行きます。諸事情あって場所は言えませんが沖田家には伝わることでしょう。






よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード