QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

「お竜」の写真の疑問

 最近、メル友の森重さんより以下のURLをご紹介いただきました。

よっぱ、酔っぱ

 この項の問題は近年発表された女性の写真が坂本龍馬の妻、「お竜」なのかということです。

 私は古写真研究家ではありませんので、どのような写りこみやらはわかりませんが、ひとつ疑問だったこと。それは

科学警察研究所が鑑定していることです。それも依頼は高知県立坂本龍馬記念館なのです。普通、県立クラスで国レベルの公的研究施設(一応科警研は警察庁の管轄)が鑑定するのは極めて稀といえましょう。経緯がとても気になります。

 それと、京都国立博物館からの依頼ではなく、県立の施設から、というのも気になります。確かに140年前の殺人事件の証拠の捜査、といえば辻褄が多少は合いますが、直接の証拠ではない1枚の写真ですから……不思議です。

 また、今回の件は少々明後日の方向に向いているのも言えるでしょう。実はこの写真について、1982年に西尾秋風氏が発表していることです。ここには「裏面に記入がなく」と書いてあります。しかし、アルバムに「お竜」と鉛筆で書いてあるという。しかし、西尾氏が発見した当時、その鉛筆書きが書いてあったなら西尾氏が

お竜の写真発見される

とするのではないでしょうか?これは過去にも揉めていたそうです。ですので、先にするべきことはその写真ではなく、

鉛筆書きの部分の鑑定

ではないでしょうか?

 科警研でなくとも東京大学か京都大学でもできると思えます。まず炭素年代測定法で調査して、そして鉛筆の成分分析を行い当時輸入されていた鉛筆かどうかを鑑定するということです。

 ちなみに輸入鉛筆は幕末に存在しており、広島県立文書館に所蔵される幕臣小野友五郎が慶応四年に鉛筆による日記が遺されています。

 たぶん、写真よりもこの鉛筆書きの部分の調査が懸命ではないか?ということになります。もちろん誰が書いたか?という点までは調査しなくても良いでしょうが……。

よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ






スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

NoTitle 

おりょうさんの名前は「於良」と書かれている例もあるので、「おりょう」と読むのが正しい読み方です。
また文書資料などでは「龍女」「お良さん」「於良」「鞆」とは書かれていますが、「お竜」や「たつ」と書かれた事例は一つもありません。

だから 

宮川禎一先生が井桜さんの所蔵している半身像の芸者の写真台紙裏側に書かれた墨書き「たつ」から、「井口家アルバム」にある全身像の写真のアルバムの枠に書かれた鉛筆書きの「お竜」と結びつけるのは論外です。
むしろ普通に考えれば「お竜」を「おたつ」と読んだ方が自然ですよね。
歴史についてちゃんと調べている人ならば当たり前のことです。

おりょうさん(お龍さん) 

僕が一番可哀そうだと思うことは、本当のおりょうさんの写真は晩年の写真しかないのに、テレビや雑誌、諸書では「井口家アルバム」の芸者の写真ばかりよく使われていることですね。
宮川禎一先生はどこかで「この写真がおりょうさんでないならば、信楽寺のおりょうさんのお墓に行って土下座して謝る」と言ったそうですが、・・・・(真偽不明)

おはようございます 

森重さん、コメントありがとうございます。
どうもこの問題は今年解決するのは難しそうですね。
私が指摘した方法が一番の早道ですが、それをした場合、多くに波及しそうです。

とにかく京都国立博物館の良心に任せましょう。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.01.24 09:50 
  • [編集]

科学警察研究所の鑑定書の件 

科学警察研究所の鑑定書の件については、もう予想がついていて反論の準備もできているのでが、如何せん相手が科学警察研究所の鑑定書の原文を提供してくれないので、どうしようもない状況です。

そんなに僕に見せるの嫌なのかなぁ、・・・

原文? 

森重さんが提示した原本は無理でも原本をコピーしたものは見れるのでは?

高知県立~の返事はそのように受け止めていましたが。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.01.25 18:39 
  • [編集]

高知 

原本をコピーしたものでも、高知に行かないと見せてくれないようですね。
高知(こっち)に来い!と言うわけです。

松浦清文氏 

NHKの「龍馬伝」みたいな、土佐の上士が郷士に対して見る視線を感じますね。(苦笑)

あらら…… 

森重さま、
大変ですね。ちょっとあとでメールしますね。
  • あさくらゆう 
  • URL 
  • at 2010.01.26 20:12 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。