FC2ブログ

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

新選組岡山ツアー御礼


 翌日の山陽新聞記事はコチラ

 まずは昨日は参加されました55名(私入れて56名)のみなさまに御礼申し上げます。ありがとうございました。

 さて、当日はまず6:30に岡山駅へ行き、主催者の出迎えから始まりました。出発前夜、コチラのミスから資料が送れず、当日お渡しいたしました。

 その後、朝食を摂って休憩。9:30に部屋を出て、資料のプリントアウト。コンフォートホテルはロビーにセルフでコピー、およびパソコンがあるため、CD-R持参で来たのが幸いしました。

 そして市電の接続が悪かったためタクシーで駅東口へ。車で廻るよりも、参加者が改札にいることもあり、挨拶も兼ねて西口へ。周囲はすでに人だかりです。このツアーのため、往復夜行寝台特急という方もおり、感謝しきりです。

 関係各位の挨拶に追われているうちに時間も経過し、いよいよ出発です。すでに昨日打ち合わせたとおりに進行いたしました。

 今回のツアーでは長倉家墓所→五流尊瀧院→安正寺→頼久寺→安富家墓所→足守文庫→侍屋敷→緒方洪庵生誕地とめぐりました。これらの地域の方々にはかなりの応援をいただきました。ここで深く御礼申し上げます。

 特に今回の参加者の最年少は8歳から最高齢は85歳とバラエティに富み、それでもツアーの行程や不測の雨にもクレームを一切いただくことなく、皆真剣に墓参していただいたことにひじょうな感謝を覚えます。ちょっと涙ぐむ場面もありました。

 最後は別れ惜しみながら、残った地元のメンバーの一部と二次会を催し、岡山に新選組あり!という認識を深め、いずれ岡山新選組同好会に繋がることを期待いたします。できることがあれば協力いたします。 

 では、簡単ながら御礼にて

よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ



スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。