QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

『通史の方法』とある圧力

10日
 記憶が飛んでますが、何処かには出かけたようです。

DSC_0259.jpg
 その帰りがけに入手したのがこの本、宮地正人先生の『通史の方法』です。実はこの本、絶版になっているだけでなく、かなり入手が困難です。何故か?当初は2010年刊行なので、新刊書店にあるかな、と思い、ネットで調べてもない。古書店でも新しめなためにない。

ないない尽しですが、何故ないのか?これは表題が影響していると思います。表題からある出版社の出されているシリーズ本を批判することを述べております。中を読むと、実は宮地先生もこの執筆陣で、この本はそのなかのシリーズに組み込まれる予定でした。しかし、執筆者の協調性を求める出版側に、宮地先生の持論はNO!だった訳です。それで名著刊行会から出したという曰くつきの書籍なんです。

ちなみにどう入手したか?
帰り道で歴史を扱っている古書店で聞くとジュンク堂札幌店にあるという。店頭引き取りしか出来ない可能性があると言われ、札幌なら知人もいるので大丈夫かな?と思い、その気持ちを持ちつつ、ハス向かいにあるブックオフが気になり、せっかく目の前だからと入店し、暫くして店員に問い合わせてみる。

店;とりあえず調べてみますね…(ね~よ!ソンなの!!)
私;確認だけでもお願いします(なくて当たり前かな?)
店;(怪訝な顔をして)ちょっと待ってください
私;?
店;無言で持ってくる(あったよ・爆)
私;あったんだ!

ということでGET(笑)

 ちなみにこうした批判本はネット検索では検索できないことがある、という実例でしたので、書店に電話して聞くのが一番の方法のようですよ♪
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

スポンサーサイト
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード