QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

千葉県文書館と匝瑳

25日
_DSC0853 (2000x1333)
 諸事あって少し遅れました(汗)京成電鉄は未だ扇風機が大活躍です♪

11:20、千葉県文書館に到着。仲間と合流し、閲覧方法を指南しつつ、私は私で目的物を閲覧。猪苗代士の北越戦争の手記がありました(後欠)

15:00、同所を辞去し、レンタカーを借りていざ匝瑳へ。実は近辺まで高速が開通していたので、意外に早く到着できます。

_DSC1032 (2000x1333)
16:00、千葉県文書館古文書調査員である依知川さまと合流。彰義隊頭取池田大隅守家来で箱館まで同行した岩村成績の碑に案内していただきました。はっきり言うと、地元の方が案内してくれなければ無理なレベルに移転されており、本当に助かりました。

_DSC1037 (2000x1333)
 次に向かったのは墓所です。こちらもかなり奥に登った先にある共同墓地ですので、地元の方もたぶん知らないと思います。この道すがらに岩村家はあったそうです。明治維新後、一時箱館から戻って池田大隅守も潜伏したという飯倉、たしかに短期間なら潜伏しやすいかもしれません。

_DSC1050 (2000x1333)
 そして飯倉から徒歩圏内(と言ってもある程度距離はありますが)にある脱走塚です。松山戦争とも言われ、明治元年の水戸藩闘争の最期とされる場所です。実際には松山ではないのですが、松山の地名が印象的からそうされております。見た感じ、寺院があった関係で高台&自然の空堀もあり、面白い地形でした。

 その後、依知川さまに甘えさせていただき、木積(堀岩五郎の知行地)、南山崎(池田大隅守が潜伏した地)にも案内いただけました。

_DSC1069 (2000x1333)_DSC1077 (2000x1333)
 そこに…おそらく捨てられたであろう子猫が…飼える環境もないのでまたたび少量だけで勘弁していただきました。

19:30、レンタカーを返し、バスで千葉駅へ。ジョナサンで食事し、千葉駅からJRで帰還。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

スポンサーサイト
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード