QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

初インフル

20日
20:00、猛烈な悪寒が走り就寝。

21:00、37.7度。まだまだ上がる気配。

22:00、38.1度。まだまだ上がる気配。

23:00、39.0度に達したため、潰瘍性大腸炎とのコラボを避けるためにはじめて病気で救急車を呼びました(汗)

23:15、病院到着。救急医から診察もせずに説教が始まる。そして持論を展開。そんなことより診察をしてください…

23:45、結論も出ずに追い出される。身体がガクガク来ているなか、タクシーが掴まらす、来ても酔客と勘違いされ…大丈夫か

22日
0:20、ようやくタクシーが掴まり帰宅。解熱剤を飲んで就寝。

9:00、再度精算も含めて通院。なんと救急時の検体は全部捨てられているとの由。怒りのおかげで精神が安定しました。こういう救急医の態勢で本当に良いのでしょうか?変な正義ヅラをするのは勝手ですが、それで患者の様態が悪化して責任が持てるのか、何か医療現場がおかしく感じた昨今です。

DSC_0049.jpg
11:00、病院を辞去。インフルエンザA型確定しました。それにしても西尾久の佐藤病院という所でしたが、待合室がレトロ過ぎましたね…いまどき鋲打ちの木製長椅子なんてなかなかありませんよ。こうした随所に昭和な備品類が多い病院でした(汗)初代院長の銅像も待合室にありましたしね(爆)

12:00、もう2日監禁状態になるため、食糧の買い出しと処方箋薬局で処方を受け、インフル薬は一度きりの吸入タイプだったため、その場で吸引し、帰宅。

 その後、高熱が何度も出ながら安静に。申し訳ありませんが、生物兵器期間に当たるため、調布市東部公民館へ休講のお詫びを。

23日
 インフル確定2日目。まだ熱との格闘が続き、家から一歩も出ず、そして家でも二次感染を防ぐため、マスクを常用。おかげで耳が痛い…。

24日
 インフル確定3日目。今日まで外出禁止のため、本日講演する予定だったレジュメを本日送付しました。順当なら日曜帰宅後に作成を開始して、火曜日の朝に送るつもりでした。

 そして、ようやく熱から開放されたようです。やはりインフル薬は効いた、ということなのでしょうね。

25日
 インフルは解放された感じですが、じんましんが復活。医師にじんましんの薬を処方していただく。

 さすがに二度とインフルは御免ですね…
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

スポンサーサイト
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。