QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

南東北の旅~その3

31日
6:00、起床。ちょっと早い目覚めでした(汗)

_DSC2166 (1280x853)
9:22、歩いても行けそうですが、体力がないので地下鉄で仙台駅へ。

_DSC2173 (1280x853)
9:30、仙台駅に到着。本日は『仙台・平泉秋の散策号』というのに乗車してみました。 

_DSC2172 (1280x853)_DSC2174 (1280x853)
 この車輛は混成のようで、屋根がデコボコしております。種車云々は私の知識にはないので、とりあえず画像の通りで。 

_DSC2168 (1280x853)_DSC2170 (1280x853)
 車内の1、4号車はこのような煌びやかな内装です。しかし、単に眺めるだけの内装ですので一瞥すればすぐに満足してしまいます。そしてペアシートが設置されております。乗り心地は…ですね。

_DSC2171 (1280x853)
 ちなみに2、3号車の座席はコレ。たぶん『リゾートみのり』の方が乗り心地は良いかと思います。こちらの座席を取ったのですが、外国人グループ3名に囲まれる状況になりましたので、1号車のペアシートで移動しました(汗)まぁ、1区間しか乗りませんしね。ちなみに車内販売はありません。

_DSC2178 (1280x853)
10:00、塩釜に到着し、市営の循環バスに乗車。最初から仙石線で行けば便利と思うでしょうが、バス停が目的地に近いので、このルートにいたしました。ちなみに本塩釜駅まで満席でした(汗)

_DSC2179 (1280x853)
で、行きたかったのはこの場所です。『榮太郎本舗』です(爆)もちろん会社に用がある訳ではなく、この右側の場所に沖田総司の甥、沖田芳次郎が住居を置いておりました。明治27年に憲兵を退官し、1年足らずですが、この地に住んだようです。残念ながら、この翌年、芳次郎は死去し、沖田家は一家ともども井上家に戻ります。墓所は近隣の東圓寺に置いたそうですが、昭和になって、麻布の専称寺に移されております。1年前から行きたいと思っておりましたが、ようやく尋ねることが出来ました。

 ちなみに、この場所はこの裏に流れていた川ともども消滅し、仙石線の用地となりましたが、仙石線が高架となったため、その跡地に細長く、建物が建っているという訳です。この日はすぐ傍でお祭りをしてました。

(つづく)
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

スポンサーサイト
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード