QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

三十一人会史跡めぐり~東京・芝見学会


 13日は三十一人会が催す史跡めぐりに参加いたしました。なお、私は簡単な案内人を務めさせていただきました。前日までは私入れて9名のところ、当日参加の方もおり、合計12名で巡りました。

①西郷・勝海舟会見碑。おまけに東京湾の名残だった雑魚場跡

②正念寺、甲良家墓所

③薩摩藩邸跡碑

④麻布一之橋

⑤金地院、近藤周助墓所

⑥安蓮社、海陸軍戦死墓

⑦青松寺、佐々井半十郎墓所

⑧愛宕神社

 各場所を巡りました。特に一番注目を浴びたのは安蓮社で、皆様ご存知がなかったようです。ここで一番時間を費やしました。また、金地院にある嶋崎家墓碑隣の剥落した墓碑は近藤三助(天然理心流二代目宗家)どということが判り、勉強になりました。

 また、青松寺では訪問時、ご住職が読経中でしたので事後に挨拶をしようとしたところ、寺男に止められて少し待ちましたが、住職が現れてからはスムースに墓参できました。前も申しましたがこの寺は一般墓参が禁止されています。今回の見学会では佐々井家ご子孫、同寺の了解のもとに見学していますので、お気をつけください。

 天候は集合時には晴れ間もありましたが終始曇りで、陽の陰りを心配しましたが、最後の見学地、愛宕神社は16:15に到着し、なんとか暗くならないうちに無事、終了いたしました。

 今回の史跡めぐりでは幕末史頭脳集団といえる面々が揃った見学会ということもあって、案内にはかなり緊張しましたが、皆様の姿勢も真剣で、トイレ休憩が1回しかなかったにもかかわらず、誰も中断要請もなく、和気あいあいというよりも、完全な勉強会のような感じになりました。

 夕方からは有志で忘年会を兼ねた懇親会が催され、幕末の話から政治の話まで多岐にわたり盛り上がりました。

 なお、来年の予定布田道散策の予定です。機会があれば小島資料館にお尋ねいただければ幸いです。



よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。