QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

騒動以外の日常

30日

 昼、熱で眼が覚める。こんな状態ですので頭が回らない。掲載許可関係で電話を2本いただく。特に問題はなし。TVも面白くなく、21時に具合が悪く就寝したら23:30に眼が覚めて、体調不良でのたうち回る。結局5:00ごろにようやく眠ることができる。古文書の文字起こしに限界を感じ(締切もあるので)、助っ人をある方にお願いし、快諾をいただき、史料を速達で送る。現在70%は翻訳できていても、完全型でないと資料として配れないからです。やはり我流には限界がありますね(汗)

1日

 昼に眼が覚める。熱あり、頭痛あり。14時からは楽しみの「その男、副署長」を観る。再放送ではじめて観てハマリました。夕方、電話で朝日新聞社より取材を受ける。内容は控えますが、興味を持って聴いていただく。その後、医者で薬をもらう。夕方、「慶応四年新撰組隊士伝」の再校ゲラが届く。けっこう忙しい。でも頭痛があるのできょうは断念。ちょうどツタヤカードが更新でしたので、貯まったタダ券を利用して旧作をチョイス。

 今回借りたのは「20世紀少年」とちょっと懐かしい話ですが、「ウルトラQ」です。ついあるきっかけから思い出し、13~16話が入っているものを選択。ついでにめずらしい必殺仕事人(三田村邦彦の出世作)も借りました。このうち、ウルトラQと必殺はこの日のTVが面白くないこともあり、鑑賞。ウルトラQは本当に手抜きがなく、いまなら2時間モノで作れる作品ですね。緊迫感や当時の最新技術がふんだんに使われています。
13話の「ガラダマ」、16話の「ガラモンの逆襲」は、もしかしたら宇宙には文明人がおり、その宇宙人が地球を征服に来たら?という仮説です。リアルに人間の描写がされており、ガラモンはダムやビルを破壊します。
 14話の東京氷河期も、ペギラという南極にしかいない怪獣が地球温暖化の影響で北極へ移動する途中に東京へ立ち寄り起こした事件です。

 この作品で考えさせられることは、いずれも怪獣は倒していない、つまり怪獣を追い払う、あるいは機能停止させるに留まっていることです。人間の非力さもこの作品は滲ませています。

 必殺は子供のころに親が観てたので記憶にありますが、子供過ぎて理解のないままに観てました。この作品を観て辻褄が合いました(笑)

 で、具合が悪かったため、就寝できたのは5:00でした(汗)
 
2日

 どうも調子が悪くてそれでも用事があるので11:00に起床。打ち合わせのメールを送ると直後にお会いする方から急病のメールが。最近私もそうですが、風邪がかなり流行っています。たぶん蔓延しているのでしょう。雨ですし。そのドタキャンの対応に追われていたら私もなんか調子が悪くなって就寝。風邪です。今年の風邪はしつこい、というより、さまざまな風邪に感染している、というのが特徴のような気がします。鼻からくるもの、喉に特徴があるもの、頭痛が激しいもと等々……。風邪オールスター勢揃い、というような感じです(汗)

 夕方は掲載許可書がいくつも届く。どんどん発売に近づいています。頑張ります。

夜はTVも面白くないので「20世紀少年~終わりの始まり」を観ました。さきに第二章を観ていましたので辻褄が合いました。第三章は残念なのか、楽しめるのか?つい考えてしまいます。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。