QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

故人への冒涜

 嘘ツキは必ずバレる嘘をつく。それは嘘だとバレて欲しいからだ。口で表面を拭っても、心は本音を述べている。作っても作っても崩れ落ちる砂の城のように。

 あるブログで故人を冒涜する内容が掲載されてました。

そして、○○氏からはお褒めのご意見だけでなく、拙著の至らない点のご指摘をいただきたかったです。共同見解とされるものではなく、○○氏独自のご意見は永遠に知る事が叶わなくなりました。

 その故人がその人物の著書を絶賛したとか…。で、共同見解ではなく、別の意見があるという。

 地下の故人は苦笑していることでしょう。

 その故人が亡くなる前、頻繁にメールをいたしておりました。この故人が絶賛したのはふんだんに社交辞令であり、本音とはとうてい思えない(というか絶賛したのは読む前だったと聞いている)。故人でさえ気付く????がふんだんに盛り込まれていたからです。ちなみに私はその著作の感想を直接いただいております。公開するのもいかがかと思うので、それははばかりますが、この人物の神経を疑います。ただ、どうしても○○○作品だという証明をするために公開していただきたいというならここで公開することも可能です。

 この御仁の得意文句が「ブログに文句があるならメールや直接すべきです」ですが、自分はブログに書き放題というのは許されるのか!自分がやるのはOKで、他人に書かれるのは許さない!というジャイアン的発想にはつくづく愛想が尽きました。当然、私の深い親交ある方にもいずれ機会ある毎に説明することになりましょう。迷惑を掛けられたくないからです。

 では、その○○本についてですが……

 私はあえてその本について感想を行うことは控えておりました。読む毎に北斗神拳で叩かれて、ページが前に進まないのです。共同見解を送っても懲りていないことは自明の理であり(というか偽造くらいに思っているのだろう)、また、いまさら私が感想を書いたところで言い訳三昧に尽くされるであろうからです。

 なので、逆に私も気付かなかった点について指摘したブログを紹介します。甲州鎮撫についてはドキュメント的に追ったことがなかったのでこのブログの指摘は当を得ております。また、前半部の指摘に至っては、かの本が歴史研究の常識以前の問題だということを露呈させています。このブログを作成した方もすごいのは図解説明入りですからね。私にはそこまで親切にできません。


 私が気付いたのは五兵衛新田の項目ですが、これも逆に五兵衛新田の地で永く住む郷土史家、増田光明氏に聞くことをお勧めします。いかに○○いのか、それと文中に出てくる五兵衛家の場所はたぶんこの御仁は絶対に知らないでしょう。言う必要もないので私もヒントになることはこのブログでは控えましょう。後だしじゃんけんで「知っていた」とか言いそうですから。こういったことは先述した増田さんに聞けば簡単明瞭に教えてくれます。


 不思議ですが、絶賛したいのであれば自画自賛すればよいだけで、また、絶賛するブログがあればそういったものを紹介すればよいのです。とにかく物言えぬ故人をその人物の著作のために利用したことが非情なる怒りとなっています。

 なぜ、書きたくないことを書かせるのか?その御仁の神経をおおいに疑います。

(追記)
*なお、反論された場合、多くの証拠、証言、証人がいることを附記いたします。あと出しで書かれた内容で言い訳していましたが、自分の過ちを責任転嫁していました(私は資料を信用して書いたのだから私は悪くないと…)。私に対して「精神的に病んでると…」。まぁ、問合せがあった際、どちらの話が正しいかはじゅうぶんに証明することはできるでしょう(当然ここには書いていない出来事はたくさんあります)。

(再追記)
*10月25日の日記で間接的に末期的な中傷をする記事を見つけました。人間として最低です。交際する関係に注意を喚起することに決めましたので、関係各位に通知するようにいたします。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ
スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。