QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

岡山

 いま岡山です。最後の打ち合わせも終わりました。

 岡山へは飛行機を使いました。この便はプレミアムシートもないのに残2席でした。席に行くと勝手に座っているヒトがいる…アテンダントにお願いして退去していただきました。でも気分悪いです。運良く隣席が空席(たぶん一番人気ない席ですからね)で、出発、空港には定刻通りの到着です。ここからはレンタカーです。

 レンタカーの担当者から「新聞みました!」と言っていただきました。嬉しいです。私のこともそうですが、少しでも岡山県内に新撰組隊士がいたことを認識していただいたことがもっと嬉しいです。

 ここからまずは足守へ。各種挨拶と事前打ち合わせ、そして現地の現状確認。安富の娘と思われる墓所後ろが猪に荒らされてました。これは現在、このあたりで筍が大発生しているからで、猪は大好物のようです。とりあえず土で埋めて、次は五流尊瀧院へ挨拶。こころよく了承いただきました。

 次は私の個人調査関係で、まずは倉敷マスカット球場前の宝鐘院へ。安政年間の絵図と比較できないくらいに変貌しています。地方でもずいぶんと変わるものと実感いたしました。

 次に「長州第二奇兵隊の悲劇」さまのサイトで見つけた倉敷代官所の遺構を見に参りました。見学建物の一部が移築されており、確かに銃弾の痕がありました。凄い威力です。それにしてもこのあたりに来たのは15年ぶりですが、ずいぶんと変貌したのに驚きました(汗)。

 そして次は岡山市に入って藤本鉄石生誕地へ。東川原のコープの先のデオデオ(ビデオレンタル店・工事中)を左に折れて、小さい用水路を越えた左に入る路地へ折れると右側にあります。番地はよくわかりませんが、岡山市中区東川原382番地と387番地の中間です。

 ちなみに清河八郎はこの藤本鉄石の影響を受けて庄屋を継がずに江戸へ出る決意をしたと伝えられております。ですので新選組の種を蒔いた男ともいえますね。

 その後は車を返して岡山県立記録資料館へ挨拶。ひじょうに丁重に対応していただき助かります。ありがとうございました。

 17:00になりましたので、ひさびさの「だて」で食事。ここでも記事を店内に掲示していただいておりました。ありがとうございます。

 そしてホテルに入り打ち合わせでした。けっこう話が煮詰まり、明日は頑張ります!
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ


スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。