QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

旅行記~岐阜編

 日曜から金曜朝まで東京を離れておりました。まずは報告を。
19日
 11:33の「ひかり」で名古屋へ。レール&レンタカーだったのでグリーン車を確保しました。しかし、300系でしたので、N700系と較べればシートピッチの差は歴然で、少し損したような気分も持ちながらも名古屋着。ここから岐阜へ向かいレンタカーを借ります。

 レンタカーで岐阜県歴史資料館へ。前もってターゲット検索してたものを入手しました。面白かったのは大垣藩の戊辰時の風聞書。寺田屋の記述はHOTな話題です。これは25日の講演で少し話します。
 この後、長良雄総の雄総墓地へ。島田魁の生家、近藤家墓所へ詣でました。


 近藤家には父切腹論が出ておりますが、生家にはそのような話しは伝わっておらず、これは東改田近藤家の話と混同したフィクションでしょう。島田魁日記に出てきて会ったとされる母親の墓碑も存在します。

 このときにはもう暗くなり、車を返して「ふくべ」でひれかつ定食を食事。JRで大垣着。2泊したAPAホテルに到着いたしました。

20日
 この日はレンタカーを借りたのち、法務局へ。小寺家のあった家の特定で、76番地に確認が出来ました。さっそく現在の場所を調べますと、昭和49年の区画整理で、現在の番地と一致せず、当該場所は道路と駐車場と化しておりました。


 この後、圓通寺に詣でました。諸々ありましたがようやく発見できました。小寺家墓所です。


 これは小寺健吉、小寺廉吉、小寺駿吉、中村伸郎等の祖父母の戒名が刻まれておりました。曾祖父の戒名がないことから、それ以前は違う宗派だったのかもしれません。ともあれ、よかったです。
 ついでにここには戊辰戦争の慰霊碑も存在します。以前紹介した小寺庄太郎の名前もありましたが、焼灰の先にあるので到達はヒト苦労です。


 その後、大垣市立図書館へ。さきほどの小寺利孝こと定次郎の記録や、大橋半三郎の記録がありました。

 その後、以前御世話になった岐阜のA家に参りましたが、こちらは不在でしたので資料だけ置いて、レンタカーを返した後、ホテル到着。西美濃わが街編集長と落ち合い、しばし大垣談義。そして明日に控え、就寝しました。

21日
 少し疲れが溜まり、約1時間遅れで大垣を出発、10時ころに岐阜着。いままで近いことを知らずにスルーしていた信浄寺に。ここには加納藩加々爪家墓所があります。


 このほかにも新しくする前の墓碑も存在しており、勝太郎の名前も見えます。加々爪勝太郎は慶応四年の甲州戦争で戦死した人物です。年齢はよくわかっておりませんが、年配だったような気がしています。のちの家督者となる加々爪定については前に書きました。ここでお寺の方にずいぶんお世話になりました。ここに御礼を申し上げます。

 この後、京都へと移動いたします。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。