QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

水戸連ちゃん

4日
5:30、起床。少し早めの目覚め(汗)

150304_121644.jpg
11:03、いろいろあって、ようやく出発。普通列車なのですが、なんとグリーン車が土浦で斬り離し…。仕方なくひたちの牛久で一般車両へ移り、一般車輛で水戸へ。特急に乗り換えても10分ほどしか短縮しないので。その10分の大半はこの高浜駅での特急の通過待ちです(爆)

12:57、水戸駅に到着。法務局へ急ぎます。

_DSC0680 (1280x853)
14:30、法務局へ見切りをつけ、先にレンタサイクルを借ります。梅シーズンのおかげで普段は土日しかレンタルできない自転車が借りられます。それにしても…閲覧申請から閲覧に至るまでに30分を要すとは…

_DSC0681.jpg
 で、自転車で桜川沿いを走ります。最近土手でよく見る白鳥を撮影してみました。で、あとで気づいたのですが、下に黒鳥がいます。白黒コラボですか(笑)やはり子供はゼブラだったりして(爆)

_DSC0682 (1280x853)
 そして目的地の目印となる搦手橋に到着。ちなみに幕末には桜川自体がありませんので、当然この橋もありませんでした。

_DSC0683 (1280x853)
 その搦手橋を背にすると、直進した先が二股に別れております。この左手から先が旧十軒町になります。

_DSC0702 (1280x853)
 一応、水戸市では旧町名の標柱を各所に設置しております。十軒町のものは区画整理で誕生した公園に設置されております。この公園の向かい側に芹澤家の親戚だった北河原家があり、その先に旧芹澤邸がありました。

_DSC0687 (1280x853)
 そして至近距離にあるのが赤沼獄です。ここは旧来の獄舎です。尊皇の志士たちが幽囚されたのは細谷獄ですが、こちらは案内板が設置されておりません。やはり処刑場が絡んだ地が住宅地になっては、住民のクレームが…。

15:30、レンタサイクルを返し、法務局で土地台帳を受け取った後、適当なトコロでタクシーを掴まえ茨城県立歴史館へ。

17:00、同所を辞去。いつも通り、橋詰さんで湯葉を購入します。

_DSC0709 (1280x898)
17:30、茨城交通に乗車。水戸へ向かいます。

17:53、フレッシュひたちに乗車。土浦へ向かいます。混み具合のせいか、車内販売は来ませんでした。

_DSC0710 (1280x897)
18:37、荒川沖駅に到着。ヒロ書房さんで書籍を購入。送迎していただき感謝です♪ここで『榊陰年譜』を購入しました。このなかに所収される「復京日記」に新家粂太郎の墓所を墓参する件が記載されております。ちなみに「復京日記」という記載はあっても、所収される書籍を明示された論文を見ておりませんので、いわゆる『史料隠し』だったものですが、広く知れることを祈ります。やはり皆で確認できる環境が一番ですものね。

19:30、荒川沖を出発。

20:30、北千住に到着。

21:00、帰宅。ただし、『相棒』は途中になったので観ず。

22:00、倒れ込むように就寝。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード