QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

雑感

 この前の病気が後を引いています。きのうは念のため、脳外科でCTを撮ってもらいました。診断結果は異常なしですが、右眼の視野が狭くなっていることに気付きました。ちょっとショックでした。理由は不明ですが、とうぶん様子を見たいと思います。

 ここで超強力な頭痛止めをいただき、おかげで痛みは取れました、というより、痛みがあることを忘れさせる、というような感覚になりました。

 どちらにしてもなにも出来ず、家に一日おりました。

 きょうはこんな感じで睡眠バランスが崩れておりますので起きたのは12:30です。これでもまだ眠気は残っています。実は15:00に幕臣のご子孫と某寺で対面することになっており、ちょうど3分前に某寺に到着。いろいろとお話が伺えましたが、過去帖等が空襲で失われており、当面はそのままでいたいとのご意思を受けて、きょうは顔合わせということで歓談を終えました。このとき、某寺のご住職にはたいへんお世話になりました。本当にありがとうございました。ここに御礼申し上げます。

 それと昨夕、三遊亭円楽氏の訃報が流れました。円楽さんは「笑点」で回答者のころから記憶しており、たまにゲストに出て、その後、当時の司会、三波伸介氏の急逝により、ピンチヒッターで臨時司会から、そのまま永年司会を務めておりました。途中よりワンパターンになったので、この間はあまり見てなかったのですが、同氏が脳梗塞から復帰後より見始めて現在に至ります。個人的には子供のころ、三波氏時代の座布団運びでした松崎真氏と一緒に写った写真があって、そんなこともあってよく観ていました。いま考えればワンパターンな笑いこそが安定した、人を馬鹿にしない笑いだったと、いまになってわかりました。ご冥福をお祈り申し上げます。

 いまごろは綾瀬の祭も終わりですね。晴天でしたから楽しい祭になったことでしょう。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。