QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

千茂登


 10日に寄ったお店ですが、とてもおいしくいただきましたので紹介いたします。

 この日いただいたのは鴨鍋定食(11~3月限定、3,500円)です。

 

 

 ここで使われている鴨は天然の真鴨(青クビ)で、いただけば食通ならすぐにわかる味となっています。合鴨にないワイルドさながら、真鴨独特のコクが感じられます。つくねも丁寧な仕上げで板前さんの心意気が伝わります。私は特に鴨のローストには思わず「美味しい♪」と声が出てしまいました。
 また、湖畔ということで川海老なども出ています。クセもなく、嫌味がない甘味が最高でした。

 今回は写真に撮りませんでしたが「鰻の柳川風」をサービスいただきました。ありがとうございます。最期はフルーツで〆となります。

 ちなみに今回は予約でお願いいたしましたところ、素敵な和室で食事をいただくことができました。



 実は一番最初、長浜に興味を持ったのは2003年に観光協会が芹沢鴨をイメージキャラクターとして「鴨すき」を宣伝したことによるのですが、案内された和室に使われていた扇の釘隠し?が使われていました。偶然ですが、素敵な演出にもなりました。

 今回はとても親切にしていただき、また多忙ななか、駅まで送っていただき感謝に絶えません。本当にありがとうございました。
 
 もし、機会がございましたら千茂登さんのHPで予約してお食事することをお勧めいたします。

 特に来年1月よりピースメーカー鐵がドラマになりますし、市村兄弟は数年間、この長浜と国友(ともに最寄り駅は長浜)にいました。市村鉄之助を想いながら、食事するのはいかがでしょう♪

 ちなみに宿泊も行っているようです。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。