QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

水戸と大洗

 28日に疑問となっていた件の解消と、補足調査で両所へ参りました。

 水戸は9:47着。1本乗り遅れて30分オーバーしました。身体が寒かったのでスープストックで朝食。量が少ないので逆に助かります。

 そして降りるとちょうど歴史館行きのバスが。歴史館には10:30に到着いたしました。

 今回は一橋家文書は抜きにして、書籍(茨城県しかないもの)と水府系纂を確認しました。兜惣助と活動していた2名のうち、石川金七郎の身元が確認できました。芹沢鴨と行動した今泉某は存在せず、途中から藩士に登用されたものと思われます。で、新見錦こと新家久米太郎の関係で思わぬところで兜惣助の接点を見つけました。文久元年に同人と一緒に捕縛されているので不思議だったのですが、謎が解けました。

 新選組水戸派!の新たな一面が俎上に上がりました。ただ、この背景を説明するには既説の新選組論とは異質になり、たぶん初めて聞くひとは戸惑うことでしょう。来月は和歌山に行きたくなりました。

 こんな感じで12:20調査終了。12:29のバスに乗り、鹿島臨海鉄道へ。

 13:09、大洗着。ここで卜部さんと合流します。さっそく寺院へ行き、当時の書類を見せていただきました。残念ながら慶応年間は一部欠落しており、また、どうも現在の墓所のある花池坊に人がいた時代にそこでも戒名をつけたのか、やはり見つからない戒名がありました。それでもある家との強固な関連性は掴めました。

 15:00、寺院を辞去し、花池坊へ。兜家墓所を再見しました。どうやら兜→加部東となったことは間違いなく、最低でも寛政年間にはこの地にいたようです。

 16:10、大洗駅着。1本乗り過ごし、綾瀬に19:10ころに到着。うな万さんで食事しました。先日の「綾瀬まつり」の写真を見せていただき、講演の様子もお聞きしました。とにかく…めでたしめでたし、といったところですね。

 21:10、帰宅。ちなみにここで強い雨に降られました。茨城ではまったくなにもなく。疲れたので早めに就寝いたしました。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード