QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

国立公文書館と国立国会図書館とダル重…

3日
12:00、起床。どうも最近は体調がいけません…(汗)それでも20:00からずっと寝ましたからマシな方ではありますが…。

15:30、結局雑用が重なり、国立公文書館に到着したのはこの時間…。そして文書を舐めてた私…。

16:30、次に行く予定の宮内公文書館が間に合わなくなり、お詫びと日延べ。

17:00、代わりに確認したかったので国立国会図書館へ。利用者証を忘れたので約5分待たされます。まぁ、コインロッカーに荷物を置く時間があるので、それほど遅くは感じませんでしたが…。

18:55、同所を辞去。取得したかった論文???ではなく寄稿文でした。会員であれば、投稿する権利があるので、載せた、という体裁でした。あえて該当誌は申しません。ただ…酷かった…。既出の文芸本で構築された論考という…確かにコレでは…と思いました。

 たとえば、Aという方が書いた本があるとします。それを参考にしたBという本、同じくそれを意訳したCという本があるとします。

 この構成、成立過程を無視して、「AもBもCも様々な論考だが同じ説だ」としたら…と、言うことです。なかには参考文献のない書籍までもが自身の参考文献になってるという…。で、フィールドワークの形跡はなく、聞けばわかるような話でも、その痕跡がなく、結果的に自身に有利形で形成されております。

 まぁ、ある勢力利用がない限りは問題はないでしょうが、幕末関連はどうも、怖いところがありますね。

閑話休題、

_DSC0196 (1280x853)
19:20、さすがに直帰するには寒気が凄かったので、久々にペルソナのビーフ甘得を。中辛ではない味を堪能しました(笑)

20:30、買い物して帰宅。いやはや寒気で身体が負けております(汗)

21:00、『開運なんでも鑑定団』を観賞。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。