QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

1年振りに流山陣屋蔵を見る

24日
12:00、起床。


14:00、準備して出発。途中でこの方に挨拶。けっこうイケる口で、またたび攻撃が効きません。ただもの凄く可愛いことは言うまでもありません(笑)

14:30、北千住駅に駐輪して千代田線に乗車します。千代田線は意外に混雑していました。

15:00、馬橋駅に到着。これまた意外に降車客が多いのに驚きつつ、流鉄に乗車します。今回乗った車輌は新車(それでも西武からのお下がり)でした。

15:20ころ、平和台駅に到着。ここから歩きます。流山の場合、陣屋跡碑のある場所と宿陣した光明院は離れています。昔の方々が健脚だったことを知ることになります。


15:40、光明院に到着。数箇所の墓所を巡り、鴻池墓所へ参ります。再度調査を行い、寺務所へ挨拶。運悪くご住職が昨日亡くなったことを知り、すぐさま退散しようとしたら親切にも応対していただき、すぐさま確認作業を行いました。ご迷惑をお掛けして申し訳ありませんでした。


 ちなみに六代目由太郎の名前が確認できる宝塔が本堂右手にあります。この六代目までは酒造業に携わっていたのでしょう。

16:30、墓所めぐりに時間を取ったせいでこんな時間に!急いで徒歩で陣屋跡に向かいます。通常10分以上かかります。ちなみにバスも1時間に1本しかなく、タクシーなんて走っておりません。


16:50、陣屋跡に到着。あの蔵の側面が見れる貴重な状態です。ちょうど作業のためにしてあったライトアップが素敵な情景を醸しだしています。

17:00、交通文化連盟の方々と接触。閻魔堂で少々歓談。面白い史料も見れて、流山の歴史に触れることができます。

20:00、場所を変えて交通文化連盟事務局へ。実は諸事あって移転するそうでして、忙しそうです。どうか頑張ってください。

23:30、歓談し過ぎてこんな時間に!23:47、新松戸発、0:10、北千住着。遠回りになりながら駐輪場からスクーターを出し、帰宅。それにしても、もう冬ですね。ただ松戸と北千住では気温が2度ほど違っているようです。

1:00、就寝。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード