QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

か~る君の愉快なお話

16日
3:30、起床。早過ぎますが、仕方ありません。もう眠れないので昨日の作業を。

140216_103424.jpg
10:30、北千住に到着。前の列車に乗り遅れて待ちましたが…そして列車の到着の案内は鳴れど、そして電車は見えるも動く気配はなし(汗)なんか踏切に何かがあって停まってしまいました(泣)

140216_103934.jpg
10:37、それでもようやく電車は到着しましたが、しばらく停電しておりました。

10:48、松戸に到着。ここでいったん下車し、土浦行きの電車を待ちます。ここでグリーン車情報を入力すると土浦まで50㎞圏内になります。

11:42、なんとか時刻の遅れは回復して無事に到着。だけどあまり眠れませんでした(汗)改札前には皆さんが待っておられ、遅れたことに非礼をお詫びし、さっそくレンタカーの営業所へ移動。

12:00、土浦駅を発車。茨城は東京と違い、風の影響なのか、雪が東京よりもありませんでした。

DSCN0013 (800x600)
12:30、霞ヶ浦大橋を渡った先にあるコイコイに到着。イベント日でないので注文は楽です♪

DSCN0015 (800x600)
 みなさま銘々のパックンを注文しました(笑)野菜もたっぷりでとても美味しくいただきました♪その後、買い物タイムで、とにかく信頼もある、そして安いので買いまくります(笑)

13:15、コイコイを出発して対岸にある歩崎公園ビジターセンターへ。茨城犬?のお迎えを受けつつ会場へ。もう7割方席が埋まっておりました。皆で並んでいられる席を確保して講演を待ちます。ちなみに駐車場は私の車が最後に残っていた(と言っても狭かったですが)スペースに入れることが出来て、あとの方々はたぶん路上駐車になったのかと思います。会場となった場所は公共交通機関が昨年廃止されましたので、車が唯一の交通機関となっております。

DSCN0019 (800x634)
13:20、宮地さんが到着し、準備を始めます。もう楽しみです。

DSCN0021 (800x584)
13:30、副館長の前説が5分あり、それから宮地正人さんのお話開始です。お題は『新徴組と古渡喜一郎』です。宮地さんは話し馴れているようで、「あ~」とか、「え~」みたいな合いの手も出ずに、時には力強く、時には思いを込めて、そして「わからないことはわからない!」と言うように、聴く側に心地よいテンポでお話をされております。宮地さんの講演は2回目(シンポジウムは1回)ですが、エゴがない話に好感が持てました。

140216_140939.jpg
 ただ、中には不思議な方もおり、しっかり楽な姿勢をキープしている達人もおりました。途中でムニャムニャ寝言が聞こえてきたのには驚きましたが(爆)

15:30、講演が終了しました。質問が3つほどあり、そのうちのひとつに芹澤鴨を挙げておりました。宮地さんの回答は「わからないから答えようがない!」と一刀両断しておりました。

DSCN0022 (800x585)
 その後、学芸員の千葉さんに労をとっていただき、宮地さんと面談しました。噂はかねがね伺っておりましたが、肩書きに似合わず、人の言葉を聞いて、そしてサバサバしたサッパリとした方でした。聴いていて本当に心地良い方でした。もちろん約1名のことは滅茶苦茶言っておりまして、現状を伝えると、さもありなん、という感じで聞き入っておりました。最後に、きょうはか~るが効いておりませんでしたが、皆さん一緒に記念撮影を。本当に有意義なお話が聴けてうれしく思いました。また、拙著『新選組を探る』と幕末ヤ撃団編の『横倉喜三次史料集』を贈呈いたしました。

16:30、せっかく来たのですから展示をしっかりと拝見。主に鶴岡市郷土資料館から借用した文書が多く見受けました。こうしてかすみがうら市で史料発掘してくださるのは本当に嬉しいです。今年は天狗党挙兵150年ですので、これからが楽しみです。

18:05、土浦駅に到着。電話が1本。少々お話し。

18:27、上野行の鈍行に乗車して皆さんで楽しく談笑。一気に時間を忘れてしまいました♪

19:40、北千住に到着。チケット屋とマルイで買い物をしてから駐輪場へ。

20:30、帰宅。

21:00、食事したらもういけません。即効で就寝。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

管理人のみ閲覧できます 

このコメントは管理人のみ閲覧できます
  •  
  •  
  • at 2014.02.25 00:00 
  • [編集]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード