QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

沖田総司関連都内史跡めぐり

 本日はリクエスト依頼を受けてのツアーを催行いたしました。
 今回のツアーは内々の募集の時点で満員御礼となった関係で、公募はしませんでしたが、リクエスト定員は欠けることなく催行できて幸いでした。
 今回、東京駅八重洲口に11:00でしたが、さすがに東京駅。駅前は混雑しており、かつ、八重洲地下街などがあるため、出口が多いので集合が20分遅れてすぐに出発いたしました。
 まず最初に訪れたのが専称寺です。ご存知沖田家の菩提寺です。今回、偶然にも沖田家も法事で出向いておりましたので、沖田家の好意で運よく墓参がかないました。

 写真に写っているのは今回のツアーサポートをしていただきました市谷柳町試衛館のメンバーです。今回だけでなく、各種ツアー催行に助けていただいております。

 こちらが三宅捨五郎の墓所です。本人の遺言により、平成になったいまでも沖田家が毎年供養しております。142年もの供養を催行されている沖田家や、墓所を大事に守っていてくださる専称寺には感謝しきりです。
 専称寺を後にした後、西麻布交差点近くの生誕地へ。道が拡幅され、跡形もないですが、このあたりだと説明の後、沖田総司逝去の地へ。
 現在は道路の一部となっておりますが、説明の後、旧道と橋梁遺構へ。最初は白ネコちゃんがご挨拶に登場しましたが、やっかみか、カラスがエキサイトし、枝を折って白ネコちゃんは退場します。その後、雨が強くなって、隠れたママかなぁ、と思っていると……

 黒ネコちゃんの登場です。写真はちょっとオカルトっぽく写ってしまいましたが実物はかわいいです。雨が降ってるさなかにあえてご登場とは総司さんが呼んだのでしょうか(笑)
 その後、安養寺へ。平五郎さんの墓参をし、試衛館跡へ。

 残念ながら、稲荷の境内には入れませんが、沖田さんも踏んだ石畳があります。

 そしてそこからロングランで練馬区の三村家墓所へ。ここには沖田林太郎の娘、久満(クマ)さんが眠っています。墓を掃除の後、参拝させていただきました。

 そしてまたまたロングランで、高速道路を使って着いたのが向島沖田家跡です。現在は小学校の敷地の一部となっています。写真は三囲神社です。三井、三越の氏神として有名です。このとき、沖田家と三井家のエピソード(伝承)を話しました。

 最後は今戸神社です。今戸死亡説を唱えた永倉新八はここで沖田の最期を観て別れました。

 ここで少し時間が空いたので、永倉新八の養母の菩提寺である宝蔵院へ寄りました。一部書籍では長倉家が墓石を岡山に持っていったと書かれておりますが、杉村家の墓碑はいまもここにあります。

 そして、きょうの懇親会場となったうな万さんに寄って各自、食事に預かりました。

 最期に、本日参加の皆様、本当にお疲れさまでした。


よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ









スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。