QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

東北縦断の旅、その4

25日つづき
13:30、法務局に到着。2年前のリベンジです。ここで運よく根津親久の斗南での菩提寺が判明!急ぎ大畑へ。さきほど降っていた雪は小康状態となり、道は凍結が解けておりました。

DSCN9495 (640x480)
15:30、大畑の菩提寺に到着。ご住職に名刺を渡し、ご本尊さまに供物を供えていただきました。

16:00、下北へ戻る途中、何故かナビに誘導されるがままに走行すると、なぜか徳玄寺方向に進みます。これは何かに運命を感じ、徳玄寺に参りました。

DSCN9496 (640x480)
 実は当寺院は昨日のブログ記事で述べました川島雄三氏の菩提寺なのです。なんか吸い込まれるように立ち寄ることとなりました。

DSCN9508 (640x480)
 そして、前回は尋ねませんでした、川島雄三さんが入る川島家墓所にお参りしました。なぜか門戸が開いており、中で手を合わせました。墓所の裏面に『川島雄三』の文字が確認できます。

16:30、法務局で取り残しにしていた謄本を取得。これで七戸十和田に戻れます。そしたらナビがどうも市街地を通り、その分ロスに!また、葬式やら事故やらで少々車の流れが悪いところもあり、なんとか一生懸命車を走らせました。

18:20、ようやく七戸十和田駅に到着。ご迷惑をお掛けしてすみませんでした。駅レンタカーの従業員さん、ありがとうございます。

DSCN9511 (640x480)
 ちなみに同駅には行幸に使われた馬車が展示されておりました。たぶん復元しているように見受けましたが、こうした遺産が残ることは良いことです。何もない駅ですが、もともとは七戸藩があった場所で、少し前まではレールバスが野辺地から中心街まで走っておりました。幼少期のころ、寝台列車で目覚めると、大体野辺地駅で、よくレールバスを見かけました。

DSCN9517 (640x480)
 ここから電車を使うのは不便なので、旅館近くまで行くバスがあるというので七戸営業所までタクシーで移動しました。料金は1,000円はかかりませんでした。まぁ、徒歩では厳しいですね。着いてすぐに発車いたしました。

DSCN9518 (640x480)
 今回宿泊しましたのは上北温泉というところです。クリスマスということもあって鶏とシャンメリーのサービスがありました。ありがとうございます。

23:00、明日が早いので就寝。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Trackback[この記事へのトラックバック]

トラックバック URL
»»この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード