QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
  • TB(-) |
  • CO(-) 
  • [Edit

会津エンジンの旅~2日目、その2

20日つづき、
10:45、いったん楽屋に戻って休憩します。この間に1時限目に講師をされる尾崎るみさんと談笑しました。若松賎子の研究者の方です。物腰の低い方です。

11:00、1時限目の講演が始まりました。基本的に講師はどの講演も立ち聞き可能なので、すべての教室を覗いてみました。今回は雨が本降りということもあって出足が遅れております。そしてお客様は圧倒的に50代以上、特に男性がかなりの率を占めておりました。そのため、若者や女性向けの講座は非常に人が少ない感じを受けました。

 そのなかで健闘したのが倍賞さんのトークショーですか。私は1分だけ聴いて立ち去ってたので知らなかったのですが、最後は歌まで疲労されたとの由。アカペラで歌われたことに、お客様の気遣いが感じられます。

 そして歴史の講座も多かったですね。これはさきほどのような客の比率でもあり、そして会津は歴史の会が多いので、その影響もあると思われます。

DSCN8701 (640x480)
 かくいう私は出店しておりました太陽堂施療院のマッサージを受けました(笑)講座の前ですので助かりました。ありがとうございます。会津若松駅近くにあるそうです。

12:05、控室に戻りました。途中で外で営業している屋台に悲壮感が現れておりました。この時間に客がゼロでは如何ともし難いのではないでしょうか。実際に屋台で買う年代層が少ないのは致命傷でしょう。ちなみに講師は弁当が出るので買うことはできません。第一9:00にいただいてますので(爆)

 ちなみにこの時間はまだ1時限目の講座が5分残っておりましたが、講師の中村彰彦さんは控室におりました。さすが高尚な方なら講座時間を中途で終えてもOKなのでしょう。

 そして食事タイムです。講師もチラホラ戻ってきて、自然と退散していきます。拙控室はMIXでしたので、1時限目の講師がいなくなると寂しくなります。ちなみに一番奥が芸人コーナーでしたが、なんとなくエンタ芸人とショーパブ芸人との会話が聞こえてきませんでした。ジャンルが違うのでしょうか?

 こうして講座は2時限目を迎えます。

(つづく)
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ





スポンサーサイト

Comment[この記事へのコメント]

Comment_form

管理者のみ表示。 | 非公開コメント投稿可能です。

Menu

プロフィール

funnya

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。