QLOOKアクセス解析

無二無三

『新選組を探る』、『川崎尚之助と八重』、『慶応四年新撰組近藤勇始末』、『慶応四年新撰組隊士伝』著者、あさくらゆうの公式ブログです。主に取材、調査、日常のことを記しています。 *当該ブログで掲載した画像の無断転用は固くお断り申し上げます。なお、論争の道具にすることは固くお断り申し上げます。*拙ブログについての問い合わせはTOPページよりメールでお願い申し上げます

Entries

ゲラに映像チェック等

5日
 体調不良なので、一生懸命ゲラチェックを。入稿時には判明しなかった箇所が何点もあり、けっこう大手術でした(汗)

6日
おそらく風邪系な背中の激痛が。ゲラを仕上げてもうOUT。

夕方、お土産を購入。

映像チェックを行うも激痛でOUT。

7日
昨日に引き続いて背中痛。それでもようやく緩和してきたので、ひとつの原因と思われることを解消するべく加湿器を設置。

映像チェック終了。連絡。

8日
大事を取って在宅。

頭が飽和状態のため、近時新聞の原稿に着手。

16:00、完成、送付。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

スポンサーサイト

宮地正人さんの講演を拝聴する

4日
11:30、西日暮里駅に到着。これから日野へ向かいます。

DSCN8305 (1700x1275)
12:32、日野駅に到着し、お友達と合流して「ちばい」で食事。美味しくいただきました♪ただ、鴨蕎麦よりも今度は大根蕎麦にしよう。

DSCN8306 (1700x1275)
13:41、バスで市役所まで行き、6Fへ。1Fで講演される宮地正人さんと一緒でした。

DSCN8308 (1700x1275)
14:02、講演開始。宮地正人さんの講演を聴講いたしました。レジュメや講演でも拙名を出していただき感謝申し上げます。

16:10、講演が終了し、お友達を宮地先生に紹介し、その後に新選組のふるさと歴史館へ参りました。

17:30、宝泉寺を経由してサイゼリアで食事。歓談を。

20:41、日野駅を出発。

22:30、帰宅。

人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

水戸で駆けまわる

3日
DSC_0256.jpg
 本日は頑張って水戸へ行ってきました。

_DSC0794.jpg
午前中は法務局で調査です。6Fの高さから三の丸橋が望めます。

_DSC0795 (1700x1133)_DSC0796.jpg
12:00を過ぎたので県立図書館へ移動します。実は法務局からの抜け道があるおかげで早めに着けます。図書館ではもう紅梅が開花しております♪

16:00、粘り過ぎてしまい、急いで県立歴史館へ。バスがトロかったので、泉町3丁目で下車してタクシーに乗り換え、ギリギリにセーフでした(汗)

_DSC0880 (1700x1133)
県立歴史館からそう遠くなかったので桜小路へ。でも、じゅうぶん日暮でしたけど(爆)

_DSC0876.jpg_DSC0877.jpg
そうしたなか、白熱した議論をされている方々に遭遇、パパラッチしたら仲良くゆっくりと帰宅されました(笑)

17:48、水戸駅に到着。

17:53、特急に乗車。危ない危ない(汗)

19:30、整形外科へ。

20:30、買い物後に帰宅。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

ケーズデンキやら国会図書館やら

1日
夜、体調不良なうえにマウスも壊れたのでケーズデンキへ。保証期間だったので、無償交換してくださいました♪

2日
午前、体調不良。

午後、国立公文書館へ。短い時間ながら撮影を。

17:20、国会図書館へ。新聞のコピー以外はタイムアウトになってしまいました…。それでも確認作業は出来たのでヨシとしますか。

19:00、閉館とともに辞去。図書館の庭の梅が綺麗でした♪

_DSC0792 (1700x1133)
19:30、久々に「ペルソナ」でビーフカレー甘特を。身体が辛口を受け付けなくなっているので、今度は調整が必要か?

20:30、帰宅。TVドラマを少し視てダウン。
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

大竹しのぶさんの実家と沖田芳次郎

28日
風邪。それでも原稿と格闘。

29日
録画していたNHKファミリーヒストリーを観賞。大竹しのぶさんの実家が塩釜にいた云々で記憶にある地図が登場。

16386981_1272580276166806_927275762362108821_n.jpg
同じものをいただいたことがあったので、それを比較対象すると、沖田家が寄留していたところに近いんですよね。大竹家が明治27年までに移住していれば、沖田さんの治療をしていたかもしれませんね。

原稿は体調を配慮して程々まで執筆して中断。

30日
電話で打ち合わせ。

原稿と格闘。

31日
午前中に病院。待ち時間に推敲。

出版社に進捗状況を報告。

夕方、ゲラと、企画物のDVDのチェックが届く…さあ、どうしよう(汗)
人気ブログランキングへ
よろしければクリックご御力お願いします

にほんブログ村 歴史ブログ 幕末・明治維新へ

Menu

プロフィール

Author:funnya
FC2ブログへようこそ!

最新記事

最新記事

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QRコード